『あいつはそいつだ』の結末はどうなる?ネタバレ感想を含めた見どころと名ゼリフ!

  • 2022年7月22日
  • 2022年7月28日
  • Dorama
  • 79view

2020年に韓国で放送されたラブコメディ韓国ドラマ『あいつはそいつだ』(KBS放送)の見どころとグッとくるセリフを、ネタバレを含めてご紹介します。

あらすじやメインキャスト紹介もまとめておりますので、ぜひご覧ください。

 

合わせて読みたい

2020年に放送された話題の韓国ドラマ『あいつがそいつだ』をご存知でしょうか? 「好きな俳優さんが出ていたら見てみようかな?」 「タイトルは聞いたことがあるけど、どんなドラマかは分からない」 「とりあえず話題になってる韓国ドラマが気に[…]

コーヒーの画像

 

この記事を書いた人

ライターAYAKOのイメージ画像

OGA

韓国系の話題に関する記事を主に得意とするWEBライター。
最新のKPOPや韓国ドラマの情報に詳しく、韓国語の学習も行った経験ある。
特に韓国ドラマに関するトピックには自信がアリ。
他サイトにはない濃密な記事を描き読者様にとってよい情報になれれな幸いです!

 

 

韓国ドラマを見るなら…U-NEXTで決まり!
\31日間無料トライアル実施中/

↓     ↓     ↓

31日間の解約なら0円

 

 

あらすじ

あいつがそいつだ 表紙画像

(出典:kbsworld.ne.jp)

ウェブトゥーン(ネット漫画)のPDソ・ヒョンジュは一生結婚しないと誓った非婚主義者です。ソヌ製薬代表のファン・ジウは、前世との関係でヒョンジュを追いかけ始めます。ヒョンジュとずっと兄弟のように過ごしてきた、ウェブトゥーン作家であるパク・ドギョムは長い間ヒョンジュを好きでした。正反対の男性二人が、ヒョンジュに向けてストレートにアプローチして展開されるラブコメディドラマです。

メインキャスト紹介

ファン・ジョンウム/ソ・ヒョンジュ役

ファン・ジョンウムの画像

(出典:kbsworld.ne.jp)

非婚主義者でウェブトゥーンの企画PD。

夢はウェブトゥーン作家になること。そのために一度だけ企画PDをすることになった。

ユン・ヒョンミン/ファン・ジウ役

ファン・ジウの画像

(出典:kbsworld.ne.jp)

ソヌ製薬会社の代表。ヒョンジュとは前世でカップルだったことも?

ソ・ジフン/パク・ドギョム役

(出典:kbsworld.ne.jp)

人気ウェブトゥーン作家。幼い頃に両親と死別し、ヒョンジュと兄弟のように過ごしてきた。しかしヒョンジュに片想いをしている。

チェ・ミンギョル/キム・ソンヒ役

キムソンヒ

(出典:kbsworld.ne.jp)

セジョン医療財団の理事長。昔好きだった人に似ているファン・ジウを見つける。それから娘のソユンをジウと結婚させることが目標となる。

チョ・ウリ/ハン・ソユン役

ハン・ソユン

(出典:kbsworld.ne.jp)

キム理事長の娘。母の言う通りに生きてきた。パク・ドギョムに片想いをしている。

 

韓国ドラマを見るなら…U-NEXTで決まり!
\31日間無料トライアル実施中/

↓     ↓     ↓

31日間の解約なら0円

 

『あいつはそいつだ』見どころ3選

LOVEと書かれたブロックの画像

見どころ①三角関係の三人。ドギョムの恋の行方はどうなる?

ドラマの前半はヒョンジュとドギョムの恋もありえるのではと思いながらも、後半に連れてジウとヒョンジュが親密な関係になっていきます。二人を見て悲しむドギョムを、つい応援したくなりますよね!

ドギョムはヒョンジュに対し思いを寄せるものの、諦めて二人を受け入れられるのかが気になります。最後はドギョムがどんな立ち回りをするのかが見どころです。

さらに、ドギョムには思いを寄せられているソユンがいます。ソユンとくっつく可能性もありますから、二人の恋の進展が気になります。

個人的にはドギョムとソユンが付き合うことを応援していたりするのですが、ドギョムがあまりにもソユンとの関わりが冷静すぎるなと感じました。二人を見ていると「仕事の関係」のような雰囲気が伝わります。果たしてドギョムはソユンに心を開くのか、ぜひ注目して見てみてください。

見どころ②ドギョムに片想いのソユン。思いは届くのか?

ドギョム作家のファンから、片想いに発展するソユン。ソユンの片想いの行方が気になりますよね。ソユンとドギョムはどんな関係に終わるのかも見どころです。

どうやら恋愛に慣れていない様子のソユンが恋愛相談をする場所は、ネット掲示板。掲示板に書かれたコメントには、ソユンの思いや行動に対してけなされたり、時には背中を押されたりします。

ネットユーザーたちに背中を押されたソユンは、少しずつドギョムに行動していきます。しかし、あまりにも億劫すぎるのです。それは、今まで母が選んできた道をずっと歩いてきたから、自分で考え行動する経験が少なかったからといえます。

初めて自分で選択した道を歩み始めるのは、ドギョムがきっかけだとも言えるのではないでしょうか?

しかし、ヒョンジュに対する揺るがない思いを持っているドギョム。あまりにもドギョムの思いが固すぎます!そんなドギョムはソユンに揺らぐことはあるのでしょうか?

最終回は、二人がどのような関係で終わるのか気になりますね!

見どころ③最後には「結婚」と「非婚」、どっちを選ぶ?結末に注目

1話では非婚式をあげるほどの非婚主義者であるヒョンジュ。ヒョンジュはジウと一緒になるのであれば、最後には「結婚」するのでしょうか?

私は結末では「結婚」するのも可能性はあると思いました。なぜなら、ドラマの最中にヒョンジュの非婚主義の意思が強く感じられなかったからです。ジウといい感じになれば、前世とは反対にいい未来を築いていく未来を描くのも素敵だなと思います。

しかし、最後に「非婚」を選択することもありえます。1話では「私は私自身と結婚します」と強く非婚宣言しているからです。最近の韓国ドラマでは多い、ハッピーエンドだけではない結末。意外な結末も可能性はあるのではないかと思います。

さらに、ヒョンジュの友人たち3人に注目してください。

夫と上手くいかないミンジョンは、結婚自由恋愛主義のジナは、どうやら結婚を

に対し否定的な様子です。第11話では、友人4人で集まり結婚について語るシーンがあります。

それぞれの話を聞きながら各自の道を歩む友人を見ると、ヒョンジュは「自分らしい選択」をするのではないかと予想します。

ヒョンジュらしい選択とは、どんな選択をするのでしょうか?

 

韓国ドラマを見るなら…U-NEXTで決まり!
\31日間無料トライアル実施中/

↓     ↓     ↓

31日間の解約なら0円

 

グッとくるセリフ3選

結婚式の画像

私が『あいつはそいつだ』を視聴して印象に残ったセリフを3つに絞ってあげてみました。

ヒョンジュ:「私は私自身と結婚します」

第1話の非婚式でのセリフです。自分と結婚するというような考えは斬新だなと感じて印象に残っているので、このセリフを選びました。

「自分自身と結婚する」=「自分を一生愛する」ということでしょうか。

自分を愛するということは、非常に大切だなと改めて感じさせられたセリフでした。

こんなセリフを、多くの人の前で言えるヒョンジュがかっこいいですね!

ヒョンジュ:「夫ではなく、自分を内助する。一生やりたい仕事と苦楽を共にしたい」

KBS WORLDによると、ヒョンジュ役のファン・ジョンウムは、名セリフとしてこのセリフをあげたそうです。「非婚について、確固たる考えを持ったヒョンジュが自分を愛し、両親の反対にも屈せず、信念を通す姿がかっこよく見えた。誰もが考えうる悩みなので、共感もした」と述べたとも語っています。

このセリフも非婚式でのセリフですが、「非婚」に関係なく、仕事と共に生きていきたいというヒョンジュの信念が表れていますね。

仕事を誇りに思い自分と向き合っていきたいという、ヒョンジュを好きになったセリフです。

ジウ:「僕が望んでいるのは結婚ではなくヒョンジュだから」

最終回でジウがヒョンジュに言ったセリフです。

ジウが深くヒョンジュを愛していることが分かります。

このドラマを見ていて、ジウはヒョンジュを好きな理由として前世をあげるばかりで、今のヒョンジュを好きな理由についてはあまり触れてきませんでした。

このセリフは、今のヒョンジュを好きな理由をあげている訳ではありませんが、ジウの気持ちを信じられる確信的なセリフになったのではないかなと思います。そのため、印象的なシーンでもありました。

どんなシーンでこのセリフを言ったのか気になる方は、ぜひ本編をチェックしてください!

まとめ

『あいつはそいつだ』の見どころやグッとくるセリフについてまとめてみました。

見どころを振り返ると、やはりメインキャストたちの恋の行方が気になりますね!

グッとくるセリフと振り返ってみると、改めてこのドラマは「結婚」や「キャリア」について考えさせられるドラマだなと感じました。

『あいつはそいつだ』は現在、U-NEXTなどのVODサービスでも配信されていますので、ぜひチェックしてみてください!

カフェの画像
最新情報をチェックしよう!
>日本最大級韓国総合メディア『Ideal』

日本最大級韓国総合メディア『Ideal』

こんにちわ。Idealです! 今や世界で注目されている韓国文化。 そんな韓国文化の魅力を当サイトを通じ皆さんにお伝えしていければいいなと思い運営を開始いたしました。 日本での韓国情報サイトはたくさんございます。 その中でも日本で最大級を目指していきたいと思っております。 ぜひ当サイトをよろしくお願いいたします!

CTR IMG