NMIXX(エンミックス)が売れない4つの理由と今後売れるための秘策2選!

  • 2022年7月31日
  • 2022年7月31日
  • Kpop
  • 2569view

JYPグループから2022年2月22日に待望の正式デビューを果たしたNMIXX(エンミックス)。

過去にはwondergirlsや2PM、現在ではTwice、ITZY、StrayKids、NiziUなど錚々たるグループが名を連ねるJYPエンターテインメント。

その中でも最新のデビューをしたNMIXXですが、その期待値の高さゆえにこんな声が聞こえてきました。

「NMIXXは売れない・・・」

「NMIXXは期待外れ・・・」

「NMIXXは人気が出ない・・・」

なぜネット上では辛辣な意見が飛び交っているのでしょうか?

今回、NMIXXは売れないと言われてしまう4つの理由について考えていきます。

 

合わせて読みたい

2022年6月18日(土)~19日(日)にかけて、韓国ソウル・蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場で開催された韓国国内最大級のK―POPイベント『DREAM CONCERT』をご存知でしょうか。そんなビッグイベントが今回d―TVでオンデマ[…]

LIVEのイメージ画像

 

 

この記事を書いた人

HAYATOのプロフィール画像

HAYATO

アメリカ留学中に韓国人数人の方と知り合い韓国文化に興味を持ち始め、そこからKpopや韓国ドラマにハマっていく。
特にKpopに関しては、女性グループ中心にwondergirlsの全盛期より聞き始め、誰よりも詳しいと自信をのぞかしている。
読者様の視点にたち、わかりやすい記事執筆に努めます!

 

デビュー前の期待値が高すぎた

 

この投稿をInstagramで見る

 

NMIXX(@nmixx_official)がシェアした投稿

NMIXXのメジャーデビューへの道のりはほかのアイドルグループとは違いました。

それは、事前にメンバーもコンセプトも明かされない状態でのデビューが決まったことです。

2021年7月8日、「JYPn」という名前でSNSに告知されました。

当然ながらそれを見たJYPのファンたちはITZYに続く新たなグループの誕生を想像しました。

さらにデビューシングル限定版「Brind Package」と題打って曲の内容もメンバーの詳細も、ましてやグループ名やコンセプトすらわからない状況で7月16日からの10日間で6万枚越えの売り上げを記録しました。

メンバーや中身が全く分からない、曲調すらティーザーもない状態での盛況ぶりを考えると、このグループへの期待の高さがわかると思います。

そして待望のメンバー発表が2021年8月から11月にかけて一人ずつ行われていきました。

以上のような経過もあり、NMIXXへの期待値を否が応でも高められた状態でのデビューになりました。

デビュー曲「O.O」が万人受けしなかった

そのような流れから、2022年2月22日、ついに待望のデビューを果たしたNMIXX。

デビューシングル「AD MARE(アドマーレ)」のタイトル曲「O.O」でデビューをしました。

実際に「O.O」のYouTubeのMVは2月23日時点でYouTubeトレンディングワールド部門1位を記録し注目を集めました。

MVは1か月足らずで5000万回の再生数を突破するなど大きな話題を提供。アルバムチャートも初動(発売後1週間)売り上げが22万7399枚を達成しました。

これは、歴代ガールズグループデビューアルバム初動売り上げの新記録です。

各サイトのアルバムチャートでも軒並み上位に位置するなどスタートダッシュは完璧に思われました。

しかしながら、この「O.O」の曲が次第にネット上では議論されることになりました。

始めは期待値の高さから多くのK-POPファンが関心を示したデビュー曲でしたが、そのコンセプトは賛否別れる結果となってしまったのです。

NMIXXは、グループ名の由来でもある楽曲のMIXを選択しました。

それは文字通り新たなMIXを目指して異なる曲調を二つ混ぜたような曲。「MIXPOP」と命名された今回の試みは、デビュー時に行うのはとても挑戦的だったと言わざるを得ないでしょう。

この新しい試みは、いわゆる普通の曲を望んでいたファンからは敬遠される原因になってしまったように思われます。

結果としては各音楽番組で1位を取ることができないまま活動は一段落したのです。

JYPグループのブランドであるという圧力

JYPのロゴ画像

(出典:wikipedia.org/wiki/JYPエンターテインメント)

偉大な先輩たちが築き上げたJYPブランドは今回のNMIXXのデビューをほろ苦いものにしました。

オーディション番組「Sixteen」から選抜されたTwiceは、今や全世界的にファンを増やしています。

Twiceの成功に導いたカギは、そのストーリーにあると言われています。

「Sixteen」で見せたメンバーたちの成長の物語は多くのファンを獲得しました。脱落したメンバーを含めて、メジャーに残るために奮闘した経過は、多くの人に応援する気持ちを持たせました。

また、終盤のモモの脱落から最後の最後での復活劇、またツウィの昇格など大逆転劇を演出した番組は、そのままTwiceのデビュー曲とMVの雰囲気にもピッタリ合致していました。

そのようなTwiceに代表されるJYPグループへの期待とは、すなわちトップに上がるための成長をみんなで見守ることでしょう。

そのストーリーの重要性が人気のカギとなることは間違いないですが、今回のNMIXXの触れ込みは違いました。

それはメンバー7人全員が歌とダンス、ビジュアルともにパーフェクトな存在として売り出したからです。

始めから完璧を売りに出した今回のコンセプトは、発表前の期待値の高さゆえにファンの想像していたラインに届いていなかったが故に多くの人には響かなかったのでしょう。

また、Twiceのような成長と進化を期待した多くのJYPファンたちに対して、すでに出来上がった既製品のようなグループを応援することをためらわせてしまったのです。

結果として歌やダンスは他の女性グループに対しても見劣りするような状況ではないにもかかわらず、曲調とコンセプトが受け入れられない状況に陥ってしまいました。

今後も彼女たちの成長を応援したいファンに対して、出来上がった完璧な7人を表現するが余り、あたかも伸びしろがないかのような状況を作ってデビューさせてしまったのです。

プロデュース側の目論見とは違う反応が返ってきてしまったに違いありません。

コンセプトが明確ではない

コンセプトはアイドルグループにとっての生命線です。

キュートな路線で行くのか。

ガールクラッシュなかっこいい路線で行くのか。

はたまた、実力派で行くのか・・・。

往年のキュートな路線、男性ファンを虜にするにはある意味多少の伸びしろが必要です。

このコンセプトでは誰もが認めるビジュアルのセンターが明確にいて、その欠点やキャラクターを補うのに他のメンバーが集まります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NMIXX(@nmixx_official)がシェアした投稿

長い間トップに君臨した少女時代には、ユナという明確なセンターがいました。

しかしながら、歌やダンス、時にトークや愛嬌はほとんどほかのメンバーで補っていたのです。

今でこそ、そのメンバーたちがそれぞれの個性をもって独り立ちできている状況ですが、少女時代というグループだけで考えればこのセンターありきの構図は長年崩されませんでした。

これをNMIXXに当てはめると、絶対的なセンターをまだ確立していません。

おそらくビジュアルでは圧倒的人気を得始めていえるソリュンが該当すると思われます。

しかしながらデビュー曲のなかで明確にセンターとして強調される場面は見当たりません。

これはプロデュースとして意図的に特別扱いしていないのでしょう。

一方で、ガールクラッシュつまりガルクラ系かと言われれば疑問です。

現在でいえば、先輩であるITZYがまず挙げられるでしょう。

歌詞の中にも強い女性像、自立した姿を歌うITZYはコンセプトとして明確に打ち出しています。

あくまでクールに美しさを見せるそのプロデュースは多くの女の子のファンを獲得しました。

そのトップに君臨するITZYを抱えるJYPグループが、同じ路線を計画することはないでしょう。

かといって、歌声に絶対の自信をもって、歌で勝負するにはあまりに奇抜なデビュー曲をえらんでしまった印象はぬぐえません。

かつては2AMのようにビジュアルより歌に力を入れて多くの人の癒しとなるべく美しいハーモニーを奏でることに注力したグループもあります。

そういった正統派を目指すためには、王道の楽曲を選ぶべきでしたが、NMIXXはそうせず「MIXPOP」というジャンルを構築することを選んだのです。

NMIXXはあくまで万人に認められる、ファン層を絞らずに実力派として売り出すことを決めているように見えます。

それゆえに深い支持を得られづらく、NMIXXが売れないと見られても現時点では仕方のないことかもしれません。

今後さらにNMIXXが売れるためには・・・

マイクの画像

まだデビューして半年足らずのグループを売れないと評価するのは時期尚早です。

今後NMIXXが売れるには先輩たちが作ってくれた道筋を追いかけることが重要です。

・良い楽曲に恵まれる

「O.O」は上で述べたように万人受けしませんでした。

しかしながら、今後「MIXPOP」を続けていくうえでは過去の成功例を見るべきです。

過去には少女時代の「I GOT A BOY」、最近ではaespaの「NEXT LEVEL」のように万人に受けた楽曲もあります。

あくまでMIXPOPにこだわるのであれば、少し長い目で見続ける必要があるでしょう。

・各メンバーのキャラクターが確立される

今はまだ7人がそれぞれ完璧な存在として売り出してはいますが、今後はそれぞれの得意分野を明確にしていくべきです。

過去にも愛嬌が爆発して人気を得たmomolandのジュイのように、歌やダンスとは別のところで評価されてからブレークする場合もあります。

Twiceに至っても、いわゆるトップに上り詰める経過を語るうえでサナの「シャシャシャ」は欠かせないでしょう。

今後の何かがきっかけとなって一人の才能に注目が集まれば、自然とグループもブレークするきっかけがつかめるかもしれません。

まとめ

今回はNMIXXがなぜ売れないのかと売れるにはどうすべきかについて考察しました。

売れない理由としては

・デビュー前の期待値が高すぎた
・デビュー曲「O.O」が万人受けしなかった
・JYPグループとブランドであるという圧力
・コンセプトが明確でない

の4つが挙げられました。

 

それを踏まえ、今後は

・良い楽曲に恵まれる
・各メンバーのキャラクターが確立される

ことがブレークの必須条件となるでしょう。

 

ポテンシャルの高さは多くのファンが認めるところだと思います。

期待値の高さを上回るブレークにつながれば一気に駆け抜けることも決して夢物語ではありません。

次回の新曲や今後のメンバーの動向に注目しましょう!

ライブのイメージ画像
最新情報をチェックしよう!
>日本最大級韓国総合メディア『Ideal』

日本最大級韓国総合メディア『Ideal』

こんにちわ。Idealです! 今や世界で注目されている韓国文化。 そんな韓国文化の魅力を当サイトを通じ皆さんにお伝えしていければいいなと思い運営を開始いたしました。 日本での韓国情報サイトはたくさんございます。 その中でも日本で最大級を目指していきたいと思っております。 ぜひ当サイトをよろしくお願いいたします!

CTR IMG