【2022年最新版】BTSの人気順!あなたの推しは何位?

  • 2022年8月26日
  • 2022年8月26日
  • Kpop
  • 44view

韓国のみならず全世界で今や男性グループナンバーワンの人気を誇るBTS。

BIGHIT MUSIC(旧Big Hit Entertainment)に所属する男性7人グループです。

防弾少年団(通称バンタン)とも呼ばれ、公式のファンクラブはARMY(アーミー)と言われています。

所属事務所では初の男性グループとして2013年6月12日に「2 COOL 4 SHOOL」でデビューしました。防弾少年団の名前の由来は「10代や20代に向けられる社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜く」という意味が込められています。

また、2017年からは世界進出を視野に入れて防弾少年団のローマ字を取って「BTS」を使用するようになりました。

このBTSには、「現実に安住することなく夢に向かって絶えず成長していく青春」という意味を込めた「Beyond The Scene」とも定義しています。ダンスに定評があり、実力派グループとして広く認知されています。

そしてソーシャルメディアのWeverseでファンとコミュニケーションを図ったり、V LIVEで生配信を行い、YouTubeではオフショットまで配信するなどSNSを上手に使って認知度を広げたアイドルグループでもあります。

この方法により韓国発の防弾少年団が、日本やアジアのみならずアメリカ、ヨーロッパにまで人気を得るBTSとして有名となっていきました。

そんな今やトップとして君臨しているBTSですが、7人のメンバーの人気は各国様々なようです。

今回は、日本、韓国、アメリカそして総合したメンバーランキングを独自に調査してみました。

 

用いた集計方法

SNS

ツイッターおよびインスタグラムのいいね数やフォロワーから集計させていただきました。

チッケム

普段聞き慣れない言葉“チッケム”。

チッケムは、直訳すると直接カメラとなります。カメラ一台で撮影し続けるということです。多くの場合、カメラ1台でメンバー一人に密着撮影する様子をアップするため、この「チッケム」の再生回数がファンの人気を反映していると言えます。

Youtube

再生数などを参考に集計しています。

Melon

韓国では定番中の定番、「Melon(メロン)」という有料音楽アプリを用いて行います。

この「Melon」は韓国国内の電話番号登録が必須のため、海外からの利用ができません。そのため韓国国内のみの利用により、韓国での人気を測るのに一番うってつけのアプリでもあります。

ファンの間では、ストリーミングをすることで推しのアーティストのチャートを挙げる「スミン」という行為が有名です。

「スミン」すればするほど、応援しているアーティストのランキングを上位にすることができます。これによって純粋な韓国国内の人気順を図ることができます。

Ranker

人気投票サイトRanker。

音楽のみならず、ドラマやゲームなどの人気順も有名。英語圏での人気順を図るのに最適。

 

Ranker

Ranker goes far beyond Top 10 lists with deep rankings about…

 

【2022年最新】BTS国別人気順

まずは、国別人気順から見ていきましょう。

国によって順位に差があるのが分かります。

しかし、Vとジョングックは、上位独占。さすがですね…!

日本人気順

・1位 キム・テヒョン(V)
・2位 チョン・ジョングック(JUNGKOOK)
・3位 パク・ジミン(JIMIN)
・4位 キム・ソクジン(JIN)
・5位 ミン・ユンギ(SUGA)
・6位 チョン・ホソク(J-HOPE)
・7位   キム・ナムジュン(RM)

韓国人気順

・1位 キム・テヒョン(V)
・2位 チョン・ジョングック(JUNGKOOK)
・3位 パク・ジミン(JIMIN)
・4位 キム・ソクジン(JIN)
・5位 キム・ナムジュン(RM)
・6位 ミン・ユンギ(SUGA)
・7位 チョン・ホソク(J-HOPE)

アメリカ人気順

・1位 チョン・ジョングック(JUNGKOOK)
・2位 キム・テヒョン(V)
・3位 パク・ジミン(JIMIN)
・4位 ミン・ユンギ(SUGA)
・5位 キム・ナムジュン(RM)
・6位 チョン・ホソク(J-HOPE)
・7位   キム・ソクジン(JIN)

【2022年最新】BTS総合人気順

皆さん、お待ちかね!

そんな国別も含め総合的な人気順の発表です!

第1位 キム・テヒョン(V)

 

この投稿をInstagramで見る

 

V(@thv)がシェアした投稿

本名 キム・テヒョン(V)
生年月日 1995年12月30日
出身地 大邱広域区
身長 178cm
体重 58kg
血液型 AB型
ポジション サブボーカル、サブダンサー
個人Instagram https://www.instagram.com/thv/
BT21キャラクター TATA

ビジュアル担当として世界的な人気を得ていることを証明したテテ。

あの可愛い笑顔は日韓やアジアのみならず世界中の支持を得たのです。

ドラマ「花郎(ファラン)」での活躍もさらに人気に拍車をかけることとなりました。もはや押しも押されぬBTSのエースとして君臨しています。

デビュー当時はまだあどけない表情もありましたが、年々大人の色気も増しています。しかし、クールな外見とは違い、性格は天然です。角度の違う表現を用いるため、「テテ語」とも言われる独特なニュアンスも愛される理由でしょう。

BTSデビュー時には最後に紹介されるなど秘密兵器として大事にされていることがわかります。

超天然なプリンスの今後の活躍に目が離せません!

第2位 チョン・ジョングク(JUNGKOOK)

 

この投稿をInstagramで見る

 

전 정국 이올시다(@jungkook.97)がシェアした投稿

本名 チョン・ジョングク(JUNGKOOK)
生年月日 1997年9月1日
出身地 釜山広域区
身長 178cm
体重 61kg
血液型 A型
ポジション メインボーカル、リードダンサー
個人Instagram https://www.instagram.com/jungkook.97/
BT21キャラクター COOKY

グクの人気の秘訣はその万能さとマンネであることのギャップでしょう。

歌やダンスの実力は一級品であることは間違いありません。運動能力が高いことも有名であり、驚くべきは芸術の才能。絵を描くことや作曲をすることなど、可愛い外見とは裏腹な多才さはグクの大きな魅力です。

ファンからの筋肉ウサギとの愛称がある通り、前歯がキュートな童顔と、筋肉ムキムキのボディのギャップがあります。

近年ではタトゥーを入れ始めていますが、右手にはARMYを彫っておりファンへの愛情を示しています。メンバー内でも愛されている黄金のマンネですが、本人はいたって謙虚な性格です。

また、黄金マンネのグクは、なんとキム・テヒョンを抑え、アメリカでは堂々の1位でした。マンネの文化が乏しいアメリカ1位を獲得したことは驚きです!

これからも多才さとルックスのギャップをARMYに見せつけてくれることでしょう!

第3位 パク・ジミン(JIMIN)

 

この投稿をInstagramで見る

 

JIMIN(@j.m)がシェアした投稿

本名 パク・ジミン(JIMIN)
生年月日 1995年10月13日
出身地 釜山広域区
身長 174cm
体重 60kg
血液型 A型
ポジション リードボーカル、リードダンサー
個人Instagram https://www.instagram.com/j.m/
BT21キャラクター CHIMMY

Mr.パーフェクトの異名をとるジミン。

自他ともに認める努力家で、あふれんばかりの情熱を歌とダンスに注いでいます。もともとは世界的なダンサーの登竜門でもある釜山芸術高等学校の舞踏科に首席で入学という輝かしい実績もあります。

その一方で、笑うと目じりが下がる笑顔でARMYの心を掴んでいます。

舞台裏でのVとのおふざけはARMYにはおなじみですが、これもステージ上の真剣な表情とのギャップが好印象。

圧倒的な歌唱力で今後もBTSを引っ張ってくれるでしょう!

第4位 ミン・ユンギ(SUGA)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUGA of BTS 민윤기(@agustd)がシェアした投稿

本名 ミン・ユンギ(SUGA)
生年月日 1993年3月9日
出身地 大邱広域区
身長 174cm
体重 57kg
血液型 O型
ポジション リードラッパー
個人Instagram https://www.instagram.com/agustd/
BT21キャラクター SHOOKY

第4位に輝いたのは、シャイボーイとしても有名なシュガ。

ワイワイガヤガヤのBTSメンバーの中では珍しい寡黙な一面を持っています。しかし、マンネたちの面倒見がよく、ファンへの対応も丁寧でとても優しいことでも有名です。

歌やダンスはもちろんのこと、プロデュース力も高いのが特徴で、作詞、作曲、編曲とプロデューサーとしての才能も発揮しています。

最近ではPSYとの「That That」でのプロデュース兼フィーチャリングは大きな話題となりました。MCの才能もあり、メンバーを仕切る能力もあります。

シュガは、ビジュアルや歌、ダンスだけでなくプロデュース業も評価されたのでしょう。特にアメリカでも人気のPSYとの共演は多くのインパクトを与えたに違いありません。

結果としてはアメリカで多くの票を獲得することとなりました。

おじいちゃんのようと褒められる?シュガの多方面での活躍に今後も期待大です!

第5位 キム・ソクジン(JIN)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jin of BTS(@jin)がシェアした投稿

本名 キム・ソクジン(JIN)
生年月日 1992年12月4日
出身地 京畿道安養市
身長 179cm
体重 60kg
血液型 O型
ポジション サブボーカル
個人Instagram https://www.instagram.com/jin/
BT21キャラクター RJ

第5位に輝いたのは、BTSの最年長メンバーであるジン。

本人も認める肩幅の広さと、目鼻立ちがくっきりしているハンサムさはBTSのビジュアル担当と言っても良いでしょう。また、料理の腕前もピカ1です。

個人インスタグラムでも手料理を披露するなどファンとすれば完璧な男性ですね。

特に日韓のアジア圏では人気があり、そのビジュアルがアジア人好みであることを物語っています。ただ一方でボーカルやダンスでは他のメンバーが目立つために、アメリカでは票を集めるに至りませんでした。

今後は兵役の問題もあり、さらに欧米での認知度は増していくはずです。

第6位 キム・ナムジュン(RM)

 

この投稿をInstagramで見る

 

RM(@rkive)がシェアした投稿

本名 キム・ナムジュン(RM)
生年月日 1994年9月12日
出身地 京畿道高陽市
身長 181cm
体重 64kg
血液型 A型
ポジション リーダー兼メインラッパー
個人Instagram https://www.instagram.com/rkive/
BT21キャラクター KOYA

 

第6位に輝いたのが、BTSのリーダーにしてメインラッパーでもあるRM。語学が堪能で、国連でのスピーチは感動的でした。リーダーとしてグループ全体を見渡す力、配慮はとても高く、BTSの中心メンバーとして輝いています。

おそらく頭脳明晰なRMがリーダーとしていなければ今日のBTSはなかったと言っても過言ではないでしょう。

一方で、物をなくしやすかったり壊したりと「破壊王」の異名も持つギャップがあります。

ビジュアルも細い切れ長な目が特徴的で、海外では抜群の人気を誇ります。

以前の芸名がラップモンスターであり、名前の通りラップの技術がものすごく高いです。海外進出が本格化しそうな時期に現在のRMに改名しました。

また、IQが高く、語学が堪能であることは世界で活躍するグループのリーダーとしてファンの目にはふさわしく映っているのでしょう。

その影響か、韓国やアメリカで支持を得ています。

また実力に定評のあるラップも本場アメリカのファンたちに届き人気を得た一つの要因として挙げてよいでしょう。一方で日本ではその切れ長な瞳やラップがそこまで人気を得るには至らず、最下位となってしまいました。

IQ148という天才の一面もあるRMの今後の活躍にも期待しましょう!

第7位 チョン・ホソク(J-HOPE)

 

この投稿をInstagramで見る

 

jhope(@uarmyhope)がシェアした投稿

本名 チョン・ホソク(J-HOPE)
生年月日 1994年2月18日
出身地 光州広域区
身長 177cm
体重 59kg
血液型 A型
ポジション メインダンサー、リードラッパー
個人Instagram https://www.instagram.com/uarmyhope/
BT21キャラクター MANG

 

デビュー以前よりダンスチームに所属してストリートダンスを経験していたこともありBTSの中でもダンスは一番と言われています。また、優しい性格の持ち主でありながら、ときに毒を吐く闇の部分も持ち合わせていることもARMYを虜にさせています。

ボーカルとしての才能もありながら、BTSの立ち位置としてはラップがメインです。

やや面長な顔立ちから馬と呼ばれることもありますが、どう見てもイケメンですね!

ラッパーとしてはRMと人気を二分しており、ダンサーとしてもジミンやグクの陰に隠れてしまっている印象です。

ビジュアルも韓国ではあまり票を獲得できなかった要因の一つとして挙げられるのではないでしょうか。

ただ、RMもj-hopeも今後はソロ活動を通して今までグループの中で埋もれていた魅力を存分に発揮し、人気を獲得していってくれることと思います。

 

 

以上、BTSの人気順でした!7人のメンバーそれぞれの個性が集まって初めてBTSという唯一無二の存在になることも忘れてはいけません^^

 

現在のBTSについて

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

現在は6月14日の公式YouTubeチャンネル「BANGTANTV」の「防弾会食」内で発表された活動一時休止の状況にあります。

しかし、ソロでの活動をそれぞれのメンバーが始めています。今回の活動休止の理由の一つとして世間で言われているのが、韓国人男性が避けて通れない兵役の義務です。

とくに最年長メンバーのジンは、12月に誕生日を迎えるため入隊までの時間的な猶予がありません。

こういった兵役を免除するいわゆる「BTS法」の議論も昨年より過熱しています。

韓国では、スポーツの大会やピアノコンクールなどでとても優秀な成績を収めた人には兵役免除ができることを定めています。

例えばサッカーで世界的ストライカーとして韓国でも超人気のソン・フンミン選手はこの兵役免除により現在も海外で選手として活動をすることができています。

一方で、芸能分野にはその法的効力が及んでいないことも事実です。

世界的に韓国文化を広め、韓国の国家戦略としてイメージアップに多大な貢献をしたBTSもソン・フンミン選手や他のスポーツ選手などと同様に扱っても良いのでは、という意見が出始めています。

ただ、この問題は現在も韓国の国会で議論し続けられています。

多くの芸能人がそうだったように、おそらくBTS法はジンの誕生日までには間に合わず、いずれ兵役につく日が来るでしょう。

多くの韓国人男性の勲章でもある兵役は、日本人の我々にはなかなか理解しがたいシステムですが、いまだに男性側の意見は兵役免除に関してアンチな声が大きいようです。

そういった社会背景も手伝っての今回の一時休止と言っても良いでしょう。

“兵役免除という免罪符を手に入れて芸能活動に専念することができるのか?”

“はたまた兵役につき、芸能部門で活躍することを特別に認めてグループ活動を何とか継続させる道を法的に探すのか?”

“多くの一般の方や俳優など芸能人と同じように普通の兵役をこなすのか?”

 

ファンとしては今後のBTSの活動を大きく左右する問題です。

ジンのファンに限らず時間の経過とともにメンバー全員が必ず直面するこの兵役問題。ARMYとしては一刻も早く決着し、BTSの完全体としての活動が兵役に邪魔されないことを切に祈るばかりです。

メンバーそれぞれのソロ活動について

兵役問題が決着つかない中、メンバーは次の目標に目を向けています。

早くもJ-HOPEは7月15日にソロアルバム「Jack In The Box」をリリースしました↓

また、グクもアメリカのチャーリー・プースとのコラボレーション曲「Left and Right」を6月24日に先行公開しました↓

そしてグクの写真集「Me,Myself,and Jung Kook ‘Time Difference’」も自身の誕生日である9月1日に発売します。強烈をコンセプトにしたと話している通り、強烈なインパクトをARMYに与えています。

ジミンに関しては現在作曲中とのこと。多才なジミンですので、次回の作品も注目が集まることでしょう。

シュガもPSYとのコラボが若者の間で大ヒット中↓

もともとプロデュース側にもいるため、今後も多岐にわたる活動を期待できるでしょう。

 

他のメンバーも海外にいた情報などがあり、それぞれが活動を計画しているようです。

本人たちが口をそろえて話している、解散ではなくこれから第2章がはじまるという言葉を信じて、各々が成長するソロ活動を見守っていければと思います。

ARMYとしてはソロ活動が嬉しくもあり、BTSとしての活動が待ち遠しくもありますが、しばしの辛抱が必要のようです。

まとめ

さて、今回はBTSの人気順についてまとめてみました!

いかがだったでしょうか?

刻一刻と変わるランキングを注視しながら、一緒にまたBTS完全体として応援ができるその日まで、みんなで一緒にそれぞれのソロ活動を応援しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

BTSの画像
最新情報をチェックしよう!
>日本最大級韓国総合メディア『Ideal』

日本最大級韓国総合メディア『Ideal』

こんにちわ。Idealです! 今や世界で注目されている韓国文化。 そんな韓国文化の魅力を当サイトを通じ皆さんにお伝えしていければいいなと思い運営を開始いたしました。 日本での韓国情報サイトはたくさんございます。 その中でも日本で最大級を目指していきたいと思っております。 ぜひ当サイトをよろしくお願いいたします!

CTR IMG