【日韓ハーフが教える!】韓国旅行での人気観光スポット釜山

  • 2022年8月23日
  • Trip
  • 13view

韓国第2の都市である『釜山(プサン)』。

韓国国内最大の港としても有名なこの大都市が『釜山』と呼ばれるようになったのは16世紀以降のこと。山の形が鉄釜に似ていることからその名前がついたと言われています。

釜山は博多からも最も近く、日本と韓国を繋ぐ海路や航路も充実していて非常に行きやすいです。今回は、そんな、釜山の人気観光スポットをご紹介します!

ぜひ、釜山へご旅行に行かれる際に参考にしていただくと嬉しいです。

 

この記事を書いた人

ライターMANAのイメージ画像

MANA

プロフィール:済州島出身の母を持つ韓国人のハーフ。

幼い頃から慣れ親しんだ韓国をもっと知りたく、2010年には韓国の大学へ留学を経験。韓国の人や文化、食べ物などさまざまな情報をお伝えし、日韓の架け橋になれたらとの思いからライターに転身。

 

釜山って?

釜山の街並みの画像

どこにあるの?

釜山は、韓国の南東部に位置しています。九州から最も近く、長崎県対馬市からは飛行機でなんと約1時間の距離!

次に近いのが福岡県になります。福岡県から釜山へは航路でも繋がっており、高速フェリーでは約3時間の近さ。飛行機では約40分の距離なので、日帰りで行くことも可能ですね。

気候は?

日本の東京の気候とほぼ同じですが、雨は比較的少ない地域です。

なかなか雨が降り続くことがないため、連日雨の日は珍しがられるほど。海が近いということもあり、潮風が強く吹くときはあります。夏も東京とほぼ同じ気温。湿度は日本に比べて低いため、不快に感じることも少ないでしょう。服装も日本にいる時と同じで大丈夫ですよ。

どうやって行けばいい?

現在、新型コロナウイルスが流行する以前は、東京からの直行便以外は全てソウルでの乗り継ぎが必要となりました。東京から富山までは約2時間。LCCも現在は再開しており、比較的行きやすくなりました。ソウルで乗り換えして飛行機で釜山へ行くほかに、ソウルから釜山へはKTXという超高速鉄道での移動手段もあります。日本でいう新幹線ですね。KTXだと約2時間半ほどかかりますが、日本円で6,000円程度で行くことができ、飛行機とは違い、道中の韓国の景色もゆっくり楽しむことができるのでオススメです。

釜山市内は、どうやって移動すればいい?

釜山市内は、移動の手段が地下鉄・バス・タクシーと様々選ぶことができます。

2019年には釜山駅の広場がリニューアルされ、様々な商業施設も入りとても賑わっています。また、地下鉄へ行くための地下通路も充実しているため、雨に濡れることなく移動できるのもいいですよね。

ただ、市内のバスはソウルに比べあまり日本語表記がないため、韓国語が長けている方や釜山に詳しい方にはオススメの交通手段と言えます。また、タクシーは1日観光パッケージなどのツアーも組まれています。事前に料金がわかっていて、行く場所も指定できるのであれば、ぜひ行かれる際は、事前に行きたいスポットに合わせた交通手段なども計画しておくとよいでしょう。

釜山の人気観光スポット

おすすめスポット1.海雲台海水浴場 / 海雲台区中洞

最初におすすめなのは、釜山を代表するビーチ、『海雲台(ヘウンデ)海水浴場』です。

実はここ、韓国一のビーチとして定番の観光名所となっおり、約12万人が大規模なビーチリゾートなのです。周囲には多くの高級ホテルが立ち並び、夜は夜景がとてもロマンチック。また、昼夜問わず観光客が多いので、治安の心配もありません。

西側から覗く海越しの高層ビル群は、夜は本当に綺麗。釜山の若者にもとても人気のエリアです。ぜひ昼から夜にかけてうつり変わっていく景色を楽しんでみてください♪

海雲台ビーチの画像

おすすめスポット2.チャガルチ市場 / 中区南浦洞

釜山に来たらやっぱり現地の海産物を楽しみたいですよね。そんな方におすすめなのが、チャガルチ市場です。

朝5時から開いているこの市場は、韓国国内でも有数の新鮮な海産物が揃います。新鮮なお刺身や魚介類が豊富に揃っており、現地の人からも環境客からも愛される市場。よく旅雑誌などでも見かけますね。チャガルチ駅からも徒歩1分というアクセスの良さも◎

市場で売っている、お魚などの魚介類は、実はその店舗の2階でお刺身などに調理してもらい、新鮮なまま食べることができたりします!市場ならではの楽しみ方♪お店で食べるよりも安価で食べられる、人気スポット。ぜひ行ってみてください。

チャガルチ市場の画像

おすすめスポット3.海東龍宮寺 / 機張郡機張邑

次におすすめするスポットは『海東龍宮寺』です。このお寺は、”海のお寺”としても有名。打ち寄せる波が足元に迫る勢いを感じる程の岩場に建てられた、とても珍しいお寺なのです。

ロケーションがとても良く、写真映えすることも間違いなし。釜山の地元の方から観光客まで、多くの人々を楽しませてくれるスポットになっています。最寄り駅から下車してバスに乗車し、徒歩30分ほど。たくさん歩くので、歩きやすい靴でいくことをおすすめします。ゆったりとした大自然の景色を満喫しながら、新鮮な空気とともにぜひ身も心も癒されてみてはいかがでしょうか。

海東龍宮寺の画像

おすすめスポット4.甘川文化村 / 沙下区甘

『甘川文化村』は、まるでミニチュアのブロックで作ったような、カラフルでポップな街並みでとても人気のスポットになります。山の斜面に立ち並ぶ建物は、とても色鮮やかで、路地のいたるところにアートがあります。まるで迷路のようになっているこのスポットは、韓国のマチュピチュとも言われています。少し高く急な坂道が多い場所に建てられたこの街並みは、バスで行くとかなり揺れる可能性も。そんなちょっと風変わりな街にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

甘川文化村の画像

おすすめスポット5.新世界スパランド / 海雲台区佑洞

次におすすめするスポットは、新世界デパートの中にある『新世界スパランド』です。釜山の大都会の中で、日常の喧騒から離れとてもリラックスできるスペースとして、釜山の地元の人々にも愛されている人気スポットなのです。

とても広く作られたスパランドの中には、天然温泉や露天風呂はもちろんのこと、サウナ、岩盤浴、レストラン、カフェやマッサージ、エステまであり、充実した時間が過ごせること間違いなし。サウナや岩盤浴、足湯は男女一緒に入ることができますので、家族やカップルでも一緒に楽しむことができます。人が少なくおすすめの時間帯は、平日の昼前後です。

日本とは少し違う、独特の雰囲気と高級感溢れるおしゃれなスパランドをぜひおすすめします♪

新世界スパランドの画像

(参照:http://heundae.com)

おすすめスポット6.西面 / 鎮区釜田洞一帯

次におすすめするのが、若者がたくさん集まるエリア『西面』。若者の活気に溢れたこの街は、ロッテデパートを中心に、ロッテホテル、ロッテカジノ、飲食店、市場、ミリオレをはじめとするファッションビルなど様々なお店があり、道沿いには様々な屋台も出ています。まさに、一日中楽しめる観光エリアとなっているのです。

ファッションからグルメ、そして若者の熱気と、”釜山の今”を感じられること間違いなし♪

釜山 西面の駅の画像

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、韓国第二の都市『釜山』の人気観光スポットについてご紹介してきました。

絶景やグルメなど、耳寄りな情報がたくさん♪ソウルに比べると、日本語があまり通じないこともあり、より”本場の韓国”を味わうことができるのではないでしょうか。

ぜひ行かれる際はご参考になさってください。

甘川文化村の画像
最新情報をチェックしよう!
>日本最大級韓国総合メディア『Ideal』

日本最大級韓国総合メディア『Ideal』

こんにちわ。Idealです! 今や世界で注目されている韓国文化。 そんな韓国文化の魅力を当サイトを通じ皆さんにお伝えしていければいいなと思い運営を開始いたしました。 日本での韓国情報サイトはたくさんございます。 その中でも日本で最大級を目指していきたいと思っております。 ぜひ当サイトをよろしくお願いいたします!

CTR IMG