韓国ドラマ『バラマンション』3話〜4話 ネタバレ感想と考察|犯人は一体誰?

  • 2022年12月9日
  • Dorama
  • 40view

ミステリースリラー『バラマンション』。

今回は、3話〜4話のネタバレ解説をしつつ視聴してみた感想と考察をしていきたいと思います。

3話〜4話では、

  • ウヒョク
  • チャリー

に大注目です。

特にウヒョクを演じる俳優チョ・ダルファンの圧巻の演技は本当に見応えがありました…!

この記事では、

『視聴したけどイマイチ理解できなかった』

『次話を視聴するまでに、かなり時間が空いてしまったので振り返りたい』

という方に向けて執筆しております。

ぜひまだ視聴していない方は、まず本編をチェックしてからお読みになってくださいね。

この記事は考察記事のためネタバレを含みます。

 

韓国ドラマ『バラマンション』は、U-NEXT独占配信中!
\31日間無料トライアル実施中/

↓     ↓     ↓

韓流・アジア系のジャンルの取り揃え1000本以上

 

3話『証拠不十分』 ネタバレ 感想と考察

ネタバレ解説

ウヒョクのキャンピングカーに侵入したジナ。

車内の異変に違和感を感じたウヒョクは、車の中をチェックします。そんなとき、“車が邪魔で通れないからどかしてくれ”とドライバーがウヒョクに注意。

その隙に、なんとかジナはキャンピングカーから脱出!

これにより、ジナは、ウヒョクがジヒョンの下着を持っていたという徹底的な証拠を得ます。

すぐさま、ミンス刑事に連絡。カフェで会うことに!

カフェで向かう途中、謎の若い女性に近くで携帯を落としたから携帯電話を貸してとお願いされ、すぐに携帯を貸したジナ。しかし、それは、電話番号を抜き取るための作戦だったのです…。

謎の女性は、「稼ぐのは大変」と発言していることから誰かに雇われていることがわかります。

カフェでミンス刑事に証拠写真を見せたジナ。ミンスと一緒にウヒョクのキャンピングカーを見に行くことに。

そこには、ウヒョクの姿が…。ミンスが、警察の者だと声をかけた瞬間、ウヒョクが逃げ出します。

元陸上部のジナは、めちゃくちゃ走るのが早い…!ジナがすぐさまウヒョクに追いつきますが、不意打ちにあってしまいウヒョクに首を絞められてしまいます。

なんとか、ミンスが追いつきウヒョクを逮捕。

暴行罪で、ウヒョクを勾留することに。

夜。父親のヒョンシクにウヒョクのことを報告。再び感情的になるヒョンシク。

そんな中、ミンスのパートナーであるナムヨンがウヒョクを取り調べることに。過去の殺人の事件とジヒョンことを問い詰めると、ウヒョクは、過去のことを思い出し発作を起こしてしまいます。

俳優チョ・ダルファンの演技力が圧巻です…!

取調べは、打ち切りに。

その夜、ジナの携帯電話を乗っ取った謎の若い女性は、次なる行動にうつしているのでした…。

翌日、ウヒョクの後見弁護士が登場します。弁護士は、「ウヒョクはTLE患者であり自分がしたことも覚えていない」と説明。ミンスが反論したものの、「ジナは鍵屋に依頼しキャンピングカーに不法侵入したこと」を指摘します。

なす術もなく、ミンスは、立ち尽くすしかありませんでした。

その後、ミンスは、ジナをカフェに呼び出します。

ジナの不法侵入により撮影した写真は、証拠にならないこと。そして、部屋に残された血は猫の血痕であったことを報告。

残念ながらウヒョクを釈放するしかないと伝えます。

結果的にウヒョクは釈放されます。

釈放間近、ナムヨンにジヒョンについて何かをいいかけるも、後見弁護士がきてナムヨンを追い出します。

キャンピングカーに戻ったウヒョクは、なんとも不敵な笑みを浮かべ、その様子をじっとヒョンシクが見ているのでした…。

3話 感想と考察

  • なぜかジヒョンの下着がウヒョクのキャンピングカーにあったこと
  • 猫好きのウヒョク。ジヒョンが誘拐された現場に猫の血があったこと

この2点を踏まえ、さらに警察に声をかけられた瞬間逃げ出す。

そして、感情的になると暴力的な一面もみせる…。

ここまでくると、あまりにもウヒョクが怪しいですよね…。

釈放寸前、ナムヨンに“ジヒョンのことをずっと見ていた。連れてきた。見ていた場所に。好きだからだ”と語っています。

一体、どういう意味なのか?

そもそも本当に精神障害者なのか?

謎が深まるばかり…。

決定的な証拠もあり、やっとの思いでウヒョクを捕まえられたのに…。ジナたちの悔しさが伝わりましたね…。

また、謎の若い女性も1話からずっとジナに関わっています。

携帯電話も乗っ取られてしまい、ジナの行動が筒抜け。

しかし、ジヒョンの誘拐には関わっていないようです…。

ん〜。

まだまだ情報量が少ないですね…。

ひとつわかることが、絶対にヒョンシクが“ウヒョクに対し何かしらのアクションを起こすこと”ですね!笑

4話 『バラマンションの人々』 ネタバレ 感想と考察

ネタバレ解説

さて、4話冒頭から衝撃的な事実がわかります…!

チャリーの母親(精神的な病気をもっている)がチャリーを探している中、あるマンションの一室でジヒョンを見つけます。ジヒョンは、助けてと叫びますが、チャリーの母親は“人の家で騒ぐな”と出ていってしまいます。

ここは、本当にチャリーの部屋なのか?
それとも精神的な障害をもっている母親が、徘徊してしまったことにより、“たまたま”ジヒョンを見つけてしまったのか?ウヒョク同様、母親も精神的障害者の行動だから真実がわからないですよね…。

ウヒョクの釈放を受け、ジナとミンスはあるホテルの一室に行きます。そこには、ミンスの仕事仲間である情報員が…!(ニックネームがオボム)

バラマンションの防犯カメラをハッキング。そして、ジヒョンから連絡が途絶えた水曜日の翌日。1時22分にウヒョクの姿があり8階に降りていった映像が残されていました。

ますます怪しいですね…。

続けて、ジヒョンが拉致されキャリーバックが階段から落とされる映像を発見。

これにより、少なくとも失踪ではなく“拉致事件”であることがわかります。

その頃、ヒョンシクはウヒョクのあとを追います。そして、雨の中、1人を見計ったウヒョクを襲い、娘はどこだと問い詰めます。しかし、ウヒョクは“何も知らない”の一点張り。

ヒョンシクは、そのままウヒョクを拉致するのでした。

翌朝。ジナは昨日からヒョンシクの連絡がないのを不審に思いながらも、朝一番からあまりに上の階の女性がうるさかったので注意しに…。しかし案の定、上の階の女性は、被害妄想が激しい女性と言い争うことになります。

一悶着の後ジナは、自宅に帰ると不審な荷物が届いているのに気づき開けます。するとその中には、ジヒョンの洋服がありました。すぐに配達員を探しに1階へ降りるジナ。そこには、なんとチャリーの姿があったのです…。すぐさまチャリーの後を追いかけ、チャリーの経営しているスーパーへたどり着きます。

そこで、またもや口論になります。

チャリーがジナを煽る中、自信があるなら“防犯カメラをみよう”と提案。一緒に管理事務所に行くことに…。その防犯カメラでも、やはり映像として残っているのはエレベーター内の映像のみ。

決定的証拠とは言い難いものでした。

ジナは事務所内で必死に訴えるも、スクジャが間に入り、チャリーが配達したのは私の部屋だと言い切ります。そしてジナを追い出し非難。

そのときチャリーはジナに触れます。

振り解くジナにチャリーは、“お姉さんより力が強い”と言い放ちます。

このチャリーの発言。冗談でいっているのか、誘拐したからなのか…。

ジナは、1人で公園にきます。

突然雨が降り出し雨宿りするジナ。

すると、傘をもってやってきたミンスが。情報員のおかげでヒョンシクの位置がわかったから一緒に行こうとジナに伝えます。

しかし、その頃ウヒョクがヒョンシクと揉み合いの末、ヒョンシクの首元に缶詰の尖った先を使用し突き刺していたのでした…。

感想と考察

4話で、まだジヒョンが生きていることがわかりました。

監禁されているようです…。

精神的な障害をもっているチャリーの母親が見つけました。ジヒョンから立ち去る時に“人の家で騒がないで”と叫んでいます。

また、チャリーもジナを煽ったときに“お姉さんより力が強い”といっていることから、チャリーが犯人である説も濃厚になってきました。しかし、いいタイミングでスクジャが乱入していたことを考えると、チャリーと手を組んでいる可能性が非常に高い。

ジヒョンを誘拐したのがチャリーであった場合、なかなか証拠集めに苦難を強いられそうです。

一方、ヒョンシク。

娘のために1人でウヒョクを監禁したものの、逆に逆襲にあいます。その際、冷静に喋っているような感じから、本当に精神障害者?と思う場面も。

それにしても、あまりに身勝手な行動かとw

もし、ウヒョクがヒョンシクを殺したとしても間違いなく正当防衛になってしまいますからね…。

さて、ジナとミンスがヒョンシクの元へ駆けつけます。

救えることができるのか?

次話に期待です!

まとめ

以上、『バラマンション』3話〜4話のネタバレ解説、感想と考察でした!

引き続きバラマンションを楽しんでいきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺︎

 

 

バラマンションの画像
最新情報をチェックしよう!
>日本最大級韓国総合メディア『Ideal』

日本最大級韓国総合メディア『Ideal』

こんにちわ。Idealです! 今や世界で注目されている韓国文化。 そんな韓国文化の魅力を当サイトを通じ皆さんにお伝えしていければいいなと思い運営を開始いたしました。 日本での韓国情報サイトはたくさんございます。 その中でも日本で最大級を目指していきたいと思っております。 ぜひ当サイトをよろしくお願いいたします!

CTR IMG